敷金は全額返ってこないのが当たり前?

みなさん、入居時に払う敷金、退去時に全額返ってこないのが当たり前と思っていませんか。
引っ越しが決まり、家探しをし、契約をする際に、契約書に「敷金は退去時に返金できない」
というような内容のことが書いてあるのが、ほとんどですよね。
本当は、それは、消費者保護法に違反しているんです。
年月が過ぎると、普通に暮らしていても、畳の色はあせるし、襖の色や壁の色はあせていきます。
普通に暮らしていて、老朽化していくものに関しての修繕は、貸主に修繕の義務があるのです。
ただし、自分で傷をつけた場合は、別ですのでご注意下さい。
入居時には、契約書にサインをしないと入居できないので、サインをして入居しますが、
それでも、退去時に敷金を返還してもらう事は可能です。
まずは、敷金が全額返金されないことについて、消費者保護法に違反しているという旨の、
内容証明を送ることから始めてみて下さい。